小浜市: 羽賀寺

  福井県:歴史・観光・見所(ホーム)小浜市:歴史・観光・見所>羽賀寺

概要・歴史・観光・見所
羽賀寺(小浜市)概要: 本浄山羽賀寺は福井県小浜市羽賀に境内を構えている高野山真言宗の寺院です。羽賀寺の創建は霊亀2年(716)、元正天皇の勅願で行基菩薩(奈良時代の高僧)が開山したのが始まりと伝えられています。伝承によるとこの境内には1羽の鳳凰が舞い降り羽根を落としたという故事から羽賀寺の寺号が与えられました。羽賀寺は朝廷や為政者からも庇護され天暦元年(947)に洪水で大破すると浄蔵(雲居寺の僧)が再興、建久年間(1190〜1199年)には源頼朝が三重塔を寄進、さらに元弘の乱(1331〜1333年)の兵火で焼失すると当時の若狭守護職である細川氏清が延文4年(1359)に再建しています。応永5年(1398)に羽賀寺が焼失すると後花園天皇は永享8年(1436)に当時、京役(荘園の租税を京の領主の元に届ける役)の任にあたり津軽6郡を支配した安東盛季、康季父子に再建の勅命を下し11年の歳月をかけ文安4年(1447)に落成、その功により安東氏は「日之本将軍」の称号を授けています。何故、遠く離れた安東氏が羽賀寺を庇護したのかは不詳で、安東水軍が日本海沿岸に大きな影響を与えたとの伝承もありますが、その安東水軍も存在自体が謎に包まれています。安東氏が影響下にあった商船が小浜港で荷揚げされ京都や大坂に運ばれていたと考えられる事から(豊臣政権下では伏見城普請の際に後裔の秋田氏が秀吉の命により秋田杉を運ばせています)、何らかな理由で羽賀寺と関係を持ったとも考えられます。本家筋の安東氏は南部氏の戦いに敗れ蝦夷地で没落し、分家筋の安東氏は秋田に移り文禄2年(1593)、尊朝法親王の要請により当時の当主安東実季が羽賀寺の堂宇の改修を行っています(本堂には盛季と実季と思われる木像が安置されています)。その後も羽賀寺の寺運は隆盛し最盛期には七堂伽藍が並び24坊を擁する大寺となり寛永2年(1625)には3代将軍徳川家光により山門や客殿が造営され大きな影響力を持ちました。又、羽賀寺は歴代小浜藩(藩庁:小浜城)の藩主からも帰依を受け、京極家は羽賀寺をはじめ明通寺妙楽寺多田寺谷田寺神宮寺高成寺に命じて大般若経転読行事を行い、酒井家は羽賀寺を諸祈願や吉凶の占いなどを行わせています。

現在の羽賀寺本堂は安東氏が文安4年(1447)に再建した唯一の遺構で入母屋、桧皮葺、桁行5間(13.74m)、梁間6間(14.63m)、軒高13.21m、室町時代中期の密教寺院本堂建築の遺構として大変貴重な建物として昭和37年(1962)に国指定重要文化財に指定されています。羽賀寺本尊の十一面観音菩薩立像は元正天皇の御影とされ平安時代中期(10世紀初期)に製作、桧材、一木造り、像高146.4cm、特に意匠に優れた古仏像である事から明治34年(1901)に国指定重要文化財に指定されています。北陸三十三観音霊場第5番礼所。北陸三十六不動霊場第36番礼所。山号:本浄山。宗派:高野山真言宗。本尊:十一面観音菩薩立像。

羽賀寺の文化財
・ 羽賀寺本堂−文安4年−国指定重要文化財
・ 木造十一面観音菩薩立像(像高146.4p)-平安中期-国指定文化財
・ 木造千手観音立像(像高135.4p)−長寛3年−国指定重要文化財
・ 木造毘沙門天立像(像高159.1p)−治承2年−国指定重要文化財
・ 紙本墨書羽賀寺縁起−国指定重要文化財

羽賀寺:写真

羽賀寺
[ 付近地図: 福井県小浜市 ]・[ 小浜市:歴史・観光・見所 ]
羽賀寺 羽賀寺 羽賀寺 羽賀寺
羽賀寺 羽賀寺 羽賀寺 羽賀寺
羽賀寺 羽賀寺 羽賀寺 羽賀寺

スポンサーサイト

小浜市・観光・見所
羽賀寺 鵜の瀬
円照寺 加茂神社
空印寺 後瀬山城
高成寺 高鳥歯科医院
国分寺古墳 若狭国分寺
若狭彦神社 若狭姫神社
小浜城 小浜神社
小野寺 常高寺
東光寺 神宮寺
栖雲寺 多田密寺
瀧の水 谷田寺
森下家住宅 長源寺
都菓子舗 白鳥会館
文殊地蔵堂 八幡神社
発心寺 順造館正門
萬徳寺 妙楽寺
明通寺 蓮華寺
小浜西組 飯盛寺


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「福井県:歴史・観光・見所」は「福井県の歴史」、「郷土資料辞典−福井県」、「日本の城下町−北陸」、「城郭と城下町−北陸」、「北陸道二」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。