小浜市: 若狭彦神社(若狭国一之宮)

  福井県:歴史・観光・見所(ホーム)小浜市:歴史・観光・見所>若狭彦神社(若狭国一之宮)

概要・歴史・観光・見所
若狭彦神社(小浜市)概要: 若狭彦神社の創建は和銅7年(714)、鵜の瀬付近に遠敷明神が降臨したのが始まりと伝えられています(付近にある白石神社は若狭彦神社の元宮とされています。)。霊亀元年(715)、元正天皇の勅願により遠敷明神を現在地に遷座し、さらに養老5年(721)、若狭姫神社を分祀して、若狭彦神社を上社、若狭姫神社を下社としました。格式が高く、「続日本紀」によると宝亀元年(770)8月1日に朝廷から伊勢朝臣諸人・佐伯宿禰老が遣わされ神馬が奉納され、「新抄格勅符抄」によると大同元年(806)に封戸10戸を納め、「日本三代実録」によると貞観元年(859)に正二位、天慶3年(940)に正一位に列し、延長5年(927)に編纂された延喜式神名帳には「若狭比古神社二座」と記され、若狭一宮、名神大社として広く信仰されるようになりました。乾元2年(1303)の詔戸次第によると建暦2年(1212)1月2日の国庁神拝に大介藤原朝臣の奉幣が記載されている事から歴代の国司や守護との関係性が窺え、特に中世は神官でる牟久氏が周辺の国人領主と姻戚関係を結ぶ事で庇護を受け社運が隆盛しました。天正10年(1580)本能寺の変後、若狭国守護の武田家は明智光秀に加担した事から羽柴秀吉により改易となり、若狭彦神社は庇護者を失い衰微し、太閤検地でも社領を僅か11石しか認められませんでした。江戸時代に入ると歴代小浜藩(藩庁:小浜城)の藩主から庇護され寛政7年(1795)には当時の小浜城の城代酒井忠為が病気平癒の祈願を行い太刀を奉納しています。古くから、神仏習合し別当には神宮寺があたっていましたが、明治時代初頭に発令された神仏分離令により仏式が廃され神社として独立、明治4年(1871)には国幣中社に列しています。ただし、神宮寺では、昔、遠敷明神が漁に夢中になり東大寺二月堂建立の修二会に遅れた為香水を送る事になった故事から、現在でも毎年3月2日に行われる、奈良東大寺二月堂へのお水送り神事が続けられ神仏習合の名残が見られます。室町時代以降は下社である若狭姫神社で祭祀が行われるようになり、現在は当時は二宮とされた若狭姫神社と合わせて一宮とし、祭神である若狭彦大神は山幸彦と海幸彦神話の山幸彦である彦火火出見尊と同義で就中、農林商業、漁業、縁結び、安産育児、学問、厄除け、交通安全等に御利益があるとして多くの参拝者が訪れ、畳、敷物業の守護神として関係業者やインテリア業界からの信仰されています。

若狭彦神社の社殿: 現在の本殿は文化10年(1813)に再建されたもので三間社流造、桧皮葺、桁行5.548m、梁間6.424m、正面3間向拝付、外壁は素木板張、大型の本殿建築で規模や時代的に反して華美な彫刻や意匠が少なく周囲を板塀で囲み荘厳な雰囲気が感じられます。神門(中門)は天保元年(1830)に建てられたもので切妻、桧皮葺、一間一戸、桁行2.7m、梁間2.21m、四脚門。随神門は江戸時代後期に建てられた八脚の単層門で入母屋、桧皮葺、三間一戸、桁行3間(6.348m)、梁間2間(4.256m)、内部には各4躯ずつ随神(随従の吉祥8人)が安置、境内にある他の建物と同様に華美な意匠を廃している為、杉の巨木とあいまって古社の歴史を感じさせてくれます。

若狭彦神社の文化財
・ 本殿−文化10年−三間社流造、桧皮葺−福井県指定文化財
・ 神門(中門)−天保元年−切妻、桧皮葺、四脚門−福井県指定文化財
・ 随神門−江戸時代後期−入母屋、桧皮葺−福井県指定文化財
・ 太刀 銘 宗□(伝宗近)−平安時代−国指定重要文化財
・ 紙本墨書詔戸次第−鎌倉時代−国指定重要文化財

若狭彦神社:写真

若狭彦神社
[ 付近地図: 福井県小浜市 ]・[ 小浜市:歴史・観光・見所 ]
若狭彦神社 若狭彦神社 若狭彦神社 若狭彦神社
若狭彦神社 若狭彦神社 若狭彦神社 若狭彦神社
若狭彦神社 若狭彦神社 若狭彦神社 若狭彦神社

スポンサーサイト

小浜市・観光・見所
羽賀寺 鵜の瀬
円照寺 加茂神社
空印寺 後瀬山城
高成寺 高鳥歯科医院
国分寺古墳 若狭国分寺
若狭彦神社 若狭姫神社
小浜城 小浜神社
小野寺 常高寺
東光寺 神宮寺
栖雲寺 多田密寺
瀧の水 谷田寺
森下家住宅 長源寺
都菓子舗 白鳥会館
文殊地蔵堂 八幡神社
発心寺 順造館正門
萬徳寺 妙楽寺
明通寺 蓮華寺
小浜西組 飯盛寺


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「福井県:歴史・観光・見所」は「福井県の歴史」、「郷土資料辞典−福井県」、「日本の城下町−北陸」、「城郭と城下町−北陸」、「北陸道二」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。