おおい町: 清雲寺

  福井県:歴史・観光・見所(ホーム)おおい町:歴史・観光・見所>清雲寺

概要・歴史・観光・見所
清雲寺(おおい町)概要: 如意山清雲寺は福井県大飯郡おおい町大島浦底に境内を構えている臨済宗相国寺派の寺院です。清雲寺の創建は平安時代後期の永長年間(1096〜1097年)、自耕善公が開いたのが始まりと伝えられています。その後、衰退しましたが室町時代後期の永正10年(1513)に春江禅師が再興し天台宗から臨済宗に改宗しています。清雲寺の寺宝である木造毘沙門天立像(像高:101cm・檜材・寄木造)、木造吉祥天立像(像高:58cm・檜材・寄木造)、木造善膩師童子立像(像高:47cm・檜材・寄木造)は鎌倉時代前期に快慶が彫刻したもので昭和25年(1950)に国指定重要文化財に指定されています。大飯板東札所霊場第30番札所。山号:如意山。宗派:臨済宗相国寺派。本尊:阿弥陀如来。

清雲寺:写真

清雲寺
[ 付近地図: 福井県おおい町 ]・[ おおい町:歴史・観光・見所 ]
清雲寺 清雲寺 清雲寺 清雲寺


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「福井県:歴史・観光・見所」は「福井県の歴史」、「郷土資料辞典−福井県」、「日本の城下町−北陸」、「城郭と城下町−北陸」、「北陸道二」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。