池田町: 日野宮神社

  福井県:歴史・観光・見所(ホーム)池田町:歴史・観光・見所>日野宮神社

概要・歴史・観光・見所
日野宮神社(池田町)概要: 日野宮神社の創建は欽明天皇15年(554)、臘嘴鳥皇子(欽明天皇第三皇子)が勅命により勧請したのが始まりと伝えられています。臘嘴鳥皇子は佐飛、和田、恩地の三臣を従え、大きな被害をもたらせた狼を岩窟に封じこめ日野宮神社を建立しその霊を鎮めたそうです。狼を封じ込めた岩窟に奥殿が建立されているそうですが、その位置は宮司しかおらず、その宮司も例祭である「狼祭り」の時に限り祭祀が行い、その際は村中明かりを消し外に出ることが禁じられ位置が分からないようにしたと云われています。現在は宮司の後継者が無く奥宮の位置や祭祀の方法が伝えられていないそうです。社宝には奈良時代に製作された伯牙禅琴鏡が文部省認定重要美術品に、鬼神面が池田町指定文化財に、鎌倉時代から南北朝時代に製作された狛犬(一対)が池田町指定文化財にそれぞれ指定されています。

日野宮神社:写真

日野宮神社
[ 付近地図: 福井県池田町 ]・[ 池田町:歴史・観光・見所 ]
日野宮神社 日野宮神社 日野宮神社 日野宮神社


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「福井県:歴史・観光・見所」は「福井県の歴史」、「郷土資料辞典−福井県」、「日本の城下町−北陸」、「城郭と城下町−北陸」、「北陸道二」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。