池田町: 堀口家住宅

  福井県:歴史・観光・見所(ホーム)池田町:歴史・観光・見所>堀口家住宅

概要・歴史・観光・見所
堀口家住宅(池田町)概要: 堀口家は古くからこの地に土着した旧家で代々「三郎兵衛」を屋号としていました。須波阿須疑神社12軒衆の1家とされ庄屋を務めたことがあったと伝えられています。現在の建物は江戸時代中期の18世紀初め頃に建てられたもので、入母屋、茅葺、平入、桁行13.2m(7間)、梁間9.4m(5間)、床面積125.7u、屋根面積240u、外壁は真壁造り、土壁鏝押え。平面構成は越前東部地方の山地によく見られる「土座式ひろま型」や「越前T型」と呼ばれているもので、向って左側1/3は土間で作業空間(ニワ)と西南隅に厩(ウマヤ)、東側2/3に居室が配され、正面が土座(オイエ)、背後に「カミノマ」と「ナカノマ」となっています(土間と土座が一体となる古い形式)。部材が大きく、栗材や欅材が多用され、接客場で利用されたと思われる「カミノマ」は「台鉋」で仕上げられ、その他の部屋は「チョウナ」により仕上げられています。堀口家住宅は当地方を代表とする民家の遺構として貴重な存在で昭和44年(1969)に国指定重要文化財に指定されています。

堀口家住宅:写真

堀口家住宅
[ 付近地図: 福井県池田町 ]・[ 池田町:歴史・観光・見所 ]
堀口家住宅 堀口家住宅 堀口家住宅 堀口家住宅


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「福井県:歴史・観光・見所」は「福井県の歴史」、「郷土資料辞典−福井県」、「日本の城下町−北陸」、「城郭と城下町−北陸」、「北陸道二」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。