池田町: 岡家薬医門

  福井県:歴史・観光・見所(ホーム)池田町:歴史・観光・見所>岡家薬医門

概要・歴史・観光・見所
岡家薬医門(池田町)概要: 案内板によると「 慶長年間に作られた、片袖ながら格式岡家薬医門の高い地方豪族の薬医門であり、町内最古のものである。岡家は、安政6年(1859)から明治維新まで池田郷の大庄屋を務めた由緒ある家柄である。 池田町教育委員会」とあります。岡家薬医門は安土桃山時代の慶長年間(1596〜1615年)に建てられた建物で、切妻、桟瓦葺き、一間一戸、薬医門形式、池田町最古の木造建築物として貴重な事から昭和52年(1977)に池田町指定文化財に指定されています。岡家は代々大庄屋を務めた事から、それに伴う数多くの古文書を現在も所有し、当地域の行政や行事などを知る上で欠かせない資料である事から名所「大庄屋岡家所蔵古文書」として昭和40年(1965)に池田町指定文化財(歴史資料)に指定されています。

岡家薬医門:写真

岡家薬医門
[ 付近地図: 福井県池田町 ]・[ 池田町:歴史・観光・見所 ]


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「福井県:歴史・観光・見所」は「福井県の歴史」、「郷土資料辞典−福井県」、「日本の城下町−北陸」、「城郭と城下町−北陸」、「北陸道二」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。