平泉寺白山神社: 御手洗池

  福井県:歴史・観光・見所平泉寺白山神社(越前馬場)>御手洗池

概要・歴史・観光・見所
御手洗池(平泉寺白山神社)概要: 御手洗池は平泉寺白山神社の参道沿いに位置しています。御手洗池案内板によると「 泰澄大師は養老元年(717)白山登拝の途中この林泉を発見され、大師の祈念に応じて泉の中の影向石に白山の大神が出現され、「神明遊止の地なり」とのお告げがあったため、当地に社を建てて白山の神を奉斎されたと伝える。当社発祥の地であり、「平泉寺」や「平清水」(平安時代の当社の呼称の1つ)の名の由来はここにある。神泉は今もって絶える事なく湧き出ている。池の東(御本社寄り)に聳ゆる三叉杉はこの時大師が植えられたものと伝え、1千2百数十年を経て健在であり幹の途中から3本に分かれ白山三社をかたどる形となっている。当社の御神木であり注連縄が張られている。」とあります。

納経所:写真

御手洗池
[ 付近地図: 福井県勝山市平泉町 ]・[ 勝山市:歴史・観光・見所 ]
御手洗池 御手洗池 御手洗池 御手洗池


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「福井県:歴史・観光・見所」は「福井県の歴史」、「郷土資料辞典−福井県」、「日本の城下町−北陸」、「城郭と城下町−北陸」、「北陸道二」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。