吉峰寺

  福井県:歴史・観光・見所(ホーム)永平寺町:歴史・観光・見所>吉峰寺

概要・歴史・観光・見所
吉峰寺(永平寺町)概要: 老梅山吉峰寺は福井県永平寺町吉峰に境内を構えている曹洞宗の寺院です。吉峰寺の創建は奈良時代に白山を開山した修験道の高僧として知られる泰澄大師によって開かれたと伝えられています。鎌倉時代の寛元元年(1243)、当時の越前志比荘地頭である波多野義重が吉峰寺に道元禅師を招き、道元禅師は「正法眼蔵」を執筆するなどの業績を残し、翌年永平寺に移っています。吉峰寺は道元禅師が越前国に入って最初に修行を行った曹洞宗の道場で、道元禅師像や道元筆と伝わる守札などを所有、境内には座禅の際に坐したと伝わる「座禅石」、白山水が残る重要祖跡ということから吉峰寺境内全体が永平寺町指定文化財に指定されています。

吉峰寺本堂は木造平屋建て、入母屋、桟瓦葺き、平入、桁行7間、外壁は真壁造り白漆喰仕上げ、正面中央には「老梅山」の山号額、内部の内陣には本尊である釈迦如来像が安置されています。開山堂は宝形造り、銅板葺き、桁行2間、張間2間、正面1間向拝付き、外壁は真壁造り白漆喰仕上げ、花頭窓付。観音堂は入母屋、桟瓦葺き、桁行3間、張間3間、正面1間向拝付き。山号:老梅山。宗派:曹洞宗。本尊:釈迦牟尼。

吉峰寺(永平寺町):写真

苔生した石段から見上げる吉峰寺本堂
[ 付近地図: 福井県永平寺町 ]・[ 永平寺町:歴史・観光・見所 ]
歴史ある石碑や石仏に導かれる吉峰寺山門 吉峰寺参道には歴史を刻んだ石碑や、頭の欠けた石仏が安置 緑深い山を切り裂くように整備した吉峰寺参道 堂々たる吉峰寺本堂
吉峰寺本堂右斜め前方の植栽越に撮影した画像 吉峰寺本堂正面から回廊、庫裏を眺めた画像 吉峰寺庫裏(佛心閣)の立派な入母屋屋根 吉峰寺回廊と結ばれている観音堂
吉峰寺開山堂には携わった僧侶達が祭られています 吉峰寺境内に建立されてる歴史が感じられる石造多層塔 吉峰寺本堂から見下ろした境内全景 吉峰寺境内に作庭された庭園


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「福井県:歴史・観光・見所」は「福井県の歴史」、「郷土資料辞典−福井県」、「日本の城下町−北陸」、「城郭と城下町−北陸」、「北陸道二」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。