永平寺町・歴史・観光・見所

  福井県:歴史・観光・見所(ホーム)>永平寺町

概要・歴史・観光・見所
永平寺町概要: 永平寺町は古くから開かれた地域の1つで4世紀半ばに築造された手操ヶ城山古墳(全長128、4m:前方後円墳)は北陸地方第2位を誇ります。平安時代末期には芝原庄や志比庄といった荘園が成立し、寛元元年(1243)には志比庄の地頭職であった波多野義重が道元禅師を招き吉峰寺を開山、翌寛元2年(1244)に後の永平寺である大佛寺を開山します。永平寺は曹洞宗の総本山として広く信仰を広め、境内の前には多くの宗徒が集まり門前町が形成され、周囲にも大きな影響力を持ちました。その為、度々戦乱に巻き込まれ何度も焼失しています。江戸時代に入ると当初は福井藩に属しますが正保2年(1645)、3代藩主松平忠昌が長男昌勝を5万石で分封させ松岡藩が立藩します。松岡の地は城下町として整備され周辺の行政、経済の中心地として発展しましたが、宗昌の代に本藩である福井藩の藩主を継いだ為、享保6年(1721)に松岡藩は廃藩となります。その後は福井藩領となり金津奉行支配下に入り明治維新を迎えます。

永平寺町・町並み:写真

永平寺町

永平寺町:周辺・見所

天龍寺
天龍寺
天龍寺
吉峰寺
吉峰寺
吉峰寺
弁財天
弁財天白龍王大権現
大日龍王大権現
永平寺
永平寺
永平寺
柴神社
柴神社
柴神社
芭蕉句碑
芭蕉句碑
芭蕉句碑
松岡織物会館
旧松岡織物会館
旧松岡織物会館
松岡古墳群
松岡古墳群
松岡古墳群
春日山古墳
春日山古墳
春日山古墳
 
白
 
 
白
 
 
白
 



※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「福井県:歴史・観光・見所」は「福井県の歴史」、「郷土資料辞典−福井県」、「日本の城下町−北陸」、「城郭と城下町−北陸」、「北陸道二」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。