亥山城

福井県:歴史・観光・見所福井県の城郭>松岡陣屋
松岡陣屋:略データ
・場 所・福井県吉田郡永平寺町松岡葵1丁目
・築城年・正保2年
・築城者・松平昌勝
・城 主・松平昌勝、松平宗昌(昌平)
・構 造・陣屋
・文化財・−
・指定日・−
・概 要・松岡陣屋は正保2年に立藩した松岡藩の藩庁、藩主居館として整備されたものです。

正保2年に福井藩3代藩主松平忠昌が死去すると、その庶子である松平昌勝に越前国の足羽郡、吉田郡、丹生郡、坂井郡、今立郡、南条郡、大野郡内108村、5万石が福井藩領から分知され松岡藩が立藩しています。

松岡藩は石高が5万石あったものの、城主格では無く、あくまで福井藩の支藩的扱いだった事から藩庁の城郭は認められず、陣屋に留まっています。

慶安元年から陣屋新設の工事が開始され承応3年にようやく昌勝の入部が果たされています。

陣屋の敷地は7780坪で、二重の方形の郭で構成され、周囲を土塁と堀で囲み、内部を「御構之内」、外側を「御構之外」と呼んでいました。

御構之内には一般敵な武家屋敷が123軒、御構之外には御徒屋敷20軒、御坊主屋敷9軒、足軽屋敷125軒等が配されていました。

元禄6年に昌勝が死去すると3男である松平宗昌(昌平)が家督を継ぎましたが、享保6年に本藩である福井藩主松平吉邦が死去し嗣子が居なかった事から昌平(宗昌)が本家を継ぐ事となり、松岡藩は福井藩に吸収され、廃藩となり、それに伴い陣屋も廃止となっています。

陣屋の後は「明屋敷」と呼ばれる畑になりましたが、その後は宅地開発等で目立った遺構は失われています。

案内板の傍らにある椿は初代藩主松平昌勝が愛した椿と推定され「お館の椿」との別称があり、推定樹齢350年、貴重な事から永平寺町指定天然記念物に指定されています。

松岡陣屋:付近地図
堀江公番田館大黒丸城藤島城舟寄館波多野館林城伊自良氏館亥山城金津奉行所
川口城葛野陣屋金剛院城熊川陣屋桑原館松岡陣屋御簾尾館溝江館向氏館長崎城
龍門寺城清永館下番堀江館白崎陣屋小黒丸城青蓮華館若狭武田氏館天王陣屋鰐淵城
吉江陣屋結城晴朝館
※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「福井県:歴史・観光・見所」は「福井県の歴史」、「郷土資料辞典−福井県」、「日本の城下町−北陸」、「城郭と城下町−北陸」、「北陸道二」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。※プライバシーポリシーはこちらです。