葛野陣屋

福井県:歴史・観光・見所福井県の城郭>葛野陣屋
葛野陣屋:略データ
・場 所・福井県丹生郡越前町下糸生
・築城年・元禄10年
・築城者・松平頼方(後の8代将軍徳川吉宗)
・城 主・松平頼方(後の8代将軍徳川吉宗)
・構 造・陣屋
・文化財・−
・指定日・−
・概 要・葛野陣屋は元禄10年に紀州藩2代藩主徳川光貞の4男で、後の8代将軍となり徳川吉宗を名乗る、松平頼方が越前国の丹生郡、坂井郡内45ヵ村3万石を与えられ、葛野藩を立藩、その行政機関として設けられたものです。

頼方は一度も御国入り出来ず、陣屋には宿老2人、代官1人、郡奉行1人、勘定役3人、地方手代7人、奉行組1人、出入同心9人、医師1人、勝手役2人体制で運営されました。

宝永2年に葛野藩と同時に3万石で立藩した高森藩は藩主で、紀州藩2代藩主徳川光貞の3男松平頼職が紀州藩主4代藩主に抜擢された為、高森藩は廃藩、その内の1万石が葛野藩に加増され合計4万石となっています。

しかし、頼職は父親の危篤の知らせを聞いて、早馬で江戸から和歌山に移動し、葬儀と和歌山藩政の激務が重なった事で体調を崩し、その1ヵ月後に病死しています。

これにより、頼方が紀州徳川家の家督を継ぐ事になった為、葛野藩は廃藩となり、それに伴い旧葛野藩領は天領になった為、葛野陣屋は続き天領陣屋として利用されました。

享保5年に間部詮言が村上藩から鯖江に入封し鯖江藩が立藩すると、陣屋周辺が鯖江藩領になった為、葛野陣屋は廃止となっています。

葛野陣屋は現在の葛野神社の境内一円だったとされますが、現在は目立った遺構は失われているようです。

葛野陣屋:付近地図
堀江公番田館大黒丸城藤島城舟寄館波多野館林城伊自良氏館亥山城金津奉行所
川口城葛野陣屋金剛院城熊川陣屋桑原館松岡陣屋御簾尾館溝江館向氏館長崎城
龍門寺城清永館下番堀江館白崎陣屋小黒丸城青蓮華館若狭武田氏館天王陣屋鰐淵城
吉江陣屋結城晴朝館
※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「福井県:歴史・観光・見所」は「福井県の歴史」、「郷土資料辞典−福井県」、「日本の城下町−北陸」、「城郭と城下町−北陸」、「北陸道二」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。※プライバシーポリシーはこちらです。