堀江公番田館

福井県:歴史・観光・見所福井県の城郭>堀江公番田館
堀江公番田館:略データ
・場 所・福井県あわら市重義
・築城年・長禄年間
・築城者・堀江景經
・城 主・堀江氏
・構 造・居館
・文化財・あわら市指定史跡
・指定日・−
・概 要・堀江公番田館は戦国時代の長禄年間に当地の国人領主である堀江景經が居館として築城したと推定されています。

堀江氏は鎮守府将軍藤原利仁の後裔とされる斎藤家の一族が越前国坂井郡堀江郷に下向し、地名に因み「堀江」姓を掲げたとされます。

室町時代に周辺に一族を配し版図を広げましたが、長禄年間に越前守護職の斯波氏と守護代の甲斐氏が対立すると、堀江一族の間でも宗家が斯波氏、庶流の細呂木、本条氏等は甲斐氏に分かれ相争い、当主だった堀江利真も討死しています。

この戦いで堀江氏は大きく衰退し、一族である石見守家が宗家の名跡を継ぎ、台頭してきた朝倉敏景の被官となっています。

当時の堀江氏は2千5百貫の領地を支配していたとされ、一時兵庫郷井向村に本拠地を遷しましたが、石見守景寶の代に再び当地に戻って来ています。

その後、加賀一向一揆衆との抗争が厳しくなり、同族である加賀国守護職の富樫氏の居城である高尾城が落城し、それを目の当たりにした堀江景用がより、防衛力がある本荘し本拠地を遷したようです。

番田館は東西約100m、南北約100mの方形、単郭の居館で周囲を堀と土塁で囲い、竹田川を天然の堀に見立てたと推定されますが、現在はその多くが田圃となっている為、遺構を見る事が出来ません。

堀江公番田館の跡地は貴重な事からあわら市指定史跡に指定されています。

堀江公番田館:付近地図
堀江公番田館大黒丸城藤島城舟寄館波多野館林城伊自良氏館亥山城金津奉行所
川口城葛野陣屋金剛院城熊川陣屋桑原館松岡陣屋御簾尾館溝江館向氏館長崎城
龍門寺城清永館下番堀江館白崎陣屋小黒丸城青蓮華館若狭武田氏館天王陣屋鰐淵城
吉江陣屋結城晴朝館
※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「福井県:歴史・観光・見所」は「福井県の歴史」、「郷土資料辞典−福井県」、「日本の城下町−北陸」、「城郭と城下町−北陸」、「北陸道二」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。※プライバシーポリシーはこちらです。