長崎城

福井県:歴史・観光・見所福井県の城郭>長崎城
長崎城:略データ
・場 所・福井県坂井市丸岡町長崎
・築城年・建武4年
・築城者・細谷馬之助
・城 主・−
・構 造・平城
・文化財・−
・指定日・−
・概 要・長崎城は「太平記」によると建武4年に細谷馬之助が長崎城、河合城、川口城を築いて、ここを拠点として3千の兵を率いて府中に侵攻したと記されています。

長崎城は寺院と城郭が一体化した寺院城とも言え、「太平記」によると延元3年/建武5年に南朝方の有力武将だった新田義貞が藤島の戦いで討死すると、北朝方の斯波高経は、時宗の僧侶を呼び寄せ、長崎城の城内にあった称念寺の前身寺院である往生院に遺体を運ばせ埋葬したと記されています。

文明12年には越前国の前守護職だった斯波義良が復権を画策し、越前国に侵攻、その際、朝倉家の支配下だった長崎城、金津城、兵庫城、新庄城等を次々と落城させています。

文明13年、今度は一転して朝倉家が反撃に転じ、長崎之道場に侵攻し、これを制圧すると、斯波氏も越前からの撤退を余儀なくされました。

天正元年、織田信長の越前侵攻により一乗谷が焼け落ち朝倉家が没落、織田家本隊が一端引き上げると、加賀一向一揆衆が越前国に侵攻し長崎城を占拠すると、ここを拠点として黒坂氏が守備する舟寄館を龍撃しています。

長崎城は東西110m、南北140m程の単郭の平城で、平面的に見ると変形五角形の形をしており、周囲を土塁と水堀で囲い、現在もその痕跡の一部が残されています。

地名にも小字で「西門」、「北門」、「古屋敷」と城跡の名残が見られ、城跡にある新田義貞公墓所は貴重な事から福井県指定史跡に指定されています。

又、戦国時代に美濃を追われた明智光秀が越前朝倉家に仕えるまで約10年間称念寺の門前で妻子と暮らしていたとされ、江戸時代に松尾芭蕉一行が奥の細道で称念寺を訪れ、光秀の妻が髪を売って金の工面をしたとの逸話を聞き及び「月さびよ 明智が妻の 咄しせむ」の句を詠んだとされます。

長崎城:付近地図
堀江公番田館大黒丸城藤島城舟寄館波多野館林城伊自良氏館亥山城金津奉行所
川口城葛野陣屋金剛院城熊川陣屋桑原館松岡陣屋御簾尾館溝江館向氏館長崎城
龍門寺城清永館下番堀江館白崎陣屋小黒丸城青蓮華館若狭武田氏館天王陣屋鰐淵城
吉江陣屋結城晴朝館
※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「福井県:歴史・観光・見所」は「福井県の歴史」、「郷土資料辞典−福井県」、「日本の城下町−北陸」、「城郭と城下町−北陸」、「北陸道二」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。※プライバシーポリシーはこちらです。