新田義貞

  福井県:歴史・観光・見所(ホーム)>新田義貞:菩提寺(称念寺)
【 菩提者 】 新田義貞は河内源氏義国流新田氏本宗家8代当主で、血筋的には同じ源氏の後裔である足利家と同格でしたが鎌倉幕府成立時に足利家の働きが甚大であった事から新田家を上回る格式を持ち義貞も辛酸をなめていました。1333年、後醍醐天皇の倒幕運動に呼応し一族を引連れ鎌倉に進軍し幕府中枢を滅ぼしています。ただし、勲功第一位は足利尊氏で、ここでも後塵を拝することになりが、それでも武者所の頭人に任ぜられるなど他の武士に比べると多大な褒章を受けています。建武の新政では一部の功労のあった武士を除き貴族や寺院に優遇した制度を推し進めた為、荘園と地頭の領地が重なる場合は荘園側に有利に働くなど領地を削られた武士達も多く不満が募りました。

1335年、不満の武士達の旗頭として足利尊氏が後醍醐天皇を背く形となり、天皇側に与した新田義貞、楠木正成、北畠顕家らは足利軍を打ち破り尊氏は西国に落ち延びていきました。1336年、尊氏は多くの西国武士から支持され大軍をもって再び京を目指し北上し、迎え撃った義貞、正成は湊川の戦いで大敗し正成も自刃して果てています。その後、天皇軍が窮地に立たされると義貞抜きで和睦が成立し、行き場を失った義貞は恒良親王、尊良親王を奉じて北陸に落ち再起を図りました。

1337年、義貞が本拠としていた金崎城福井県敦賀市)が足利軍の侵攻により落城、さらに西上した北畠顕家との連携が上手くいかず、越前方面では孤立して足利軍と対する事になります。1338年、斯波高経との灯明寺畷の戦い(藤島の戦い)で敗北し義貞は自刃又は討死し、高経の計らいもあり遺体は随行した時宗僧侶8人により称念寺(福井県坂井市:当時は往生院)に運ばれ手厚く葬られたと伝えられています。江戸時代に入ると称念寺は新田家の後裔を自称する徳川家、その一族である福井藩松平家から庇護され天保8年(1873)の義貞500回忌には10代藩主松平宗矩が義貞の墓碑を建立しています。

【 寺  号 】 称念寺
【 所在地 】 福井県坂井市丸岡町長崎
【 創建年 】 養老5年(721)
【 開  山 】 泰澄大師
【 開  基 】
【 山  号 】 長林山
【 宗  派 】 時宗遊行派
【 本  尊 】 阿弥陀如来
【 備  考 】 新田義貞公墓所墓石−福井県指定史跡−指定日:昭和34年
福井県大名菩提寺
丸岡藩本多家(本光院)有馬直純・國姫(白道寺)丸岡藩有馬家(高岳寺)新田義貞(称念寺)福井藩松平家(大安禅寺)松平吉品(瑞源寺)柴田勝家(西光寺)越前朝倉家(心月寺)朝倉孝景(一乗谷朝倉氏遺跡:英林塚)勝山藩小笠原家(開善寺)楠正成(平泉寺白山神社)大野藩土井家(善導寺)朝倉義景・高徳院・祥順院・愛王丸の墓碑(大野市)間部家(萬慶寺)大谷吉継(永賞寺)酒井家(小浜西組:空印寺)お初(小浜西組:常高寺)武田信親(小浜西組:栖雲寺)多田満仲(小浜市:多田寺)武田元光(発心寺)府中松平家(龍泉寺)沼田家(得法寺)
※ 文章や画像のコピーは御遠慮ください。御理解の程よろしくお願いします。