松平直良:概要

  福井県:歴史・観光・見所福井県:歴史・人物>松平直良

概要・歴史・観光・見所
松平直良(大野城)

【 概 要 】−松平直良は慶長9年(1604)、北ノ庄(福井)藩初代藩主結城秀康と奈和(長寿院:津田信益の娘)との子供として生まれました。元和9年(1623)、長兄で北ノ庄(福井)藩2代藩主松平忠直が強制隠居となると、次兄で高田藩(新潟県上越市)の藩主松平忠昌が家督を継ぐものの石高が大幅に減らされ、減じられた分を兄弟で分割する事になりました。

それに伴い、松平直良は寛永元年(1624)に2万5千石で木本藩を立藩、さらに寛永12年(1635)に松平直基大野藩移封に伴い3万5千石で勝山藩(藩庁:勝山城)に入封しています。正保元年(1644)に5万石で大野藩に移封となり、正保3年(1646)に侍従・但馬守を叙任しています。延宝6年(1678)死去、享年75歳。

寛永年間(1624〜1645年)には生母である奈和(長寿院)の菩提を弔う為に長興寺(長寿院?)を創建、妙典寺に寺地を寄進し大野城の城下に移転、圓立寺を菩提寺に指定し守り本尊である清正像を奉納、正保2年(1645)には徳厳寺に間口13間、奥行15間の寺地を寄進、恵光寺に対し諸役免許状を発布しています。

大野城:写真
越前大野城 越前大野城 越前大野城 越前大野城



※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「福井県:歴史・観光・見所」は「福井県の歴史」、「郷土資料辞典−福井県」、「日本の城下町−北陸」、「城郭と城下町−北陸」、「北陸道二」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。