越前勝山藩

  福井県:歴史・観光・見所(ホーム)福井県の城下町>越前勝山藩
越前勝山藩概要
越前勝山藩概要: 勝山の地は江戸時代当初福井藩に属し、林定正が勝山城の城代として派遣されました。慶長17年(1612)、2代藩主松平忠直は定正を廃し、さらに一国一城令により勝山城が廃城になると代官所を設け以後代官が派遣されます。元和9年(1623)、藩主忠直が改易になると勝山には松平直基(福井藩初代藩主松平秀康の5男)が3万石で入封し勝山藩を立藩します。寛永12年(1635)、直基が越前大野藩に移封になると、代わって松平直良(松平秀康の6男)が3万5千石で入封し勝山藩を引き継ぎまが正保元年(1644)に直良も越前大野藩に移封になると勝山藩は廃藩となり福井藩預かりを経て天領となります。元禄4年(1692)、小笠原貞信が高須藩(岐阜県海津市)から勝山藩2万2千石で移封になるとようやく城下町が計画されました。当初、小笠原家は城主格では無かった為、本格的な城郭を持つことが出来ず、宝永5年(1708)に幕府から築城許可を得えることが出来ました(断続的に築城は続けられましたが、火災なども相次ぎ完成には至りませんでした)。小笠原家は比較的に早く徳川家に服従し譜代大名の扱いを受けた為、小禄ながら幕府の要職を歴任しました。その為、藩の財政は常に逼迫し天災や飢饉が起きると百姓一揆が頻繁に起るようになります。戊辰戦争では新政府軍に組し弾薬2万発を献上しています。
  スポンサーリンク
 

越前勝山藩歴代藩主
 藩主名藩主年間石高備考
初代松平直基1624〜1635年3万石 
初代松平直良1635〜1644年3万5千石 
初代小笠原貞信1691〜1702年2万2千石 
2代小笠原信辰1702〜1721年2万2千石 
3代小笠原信成1721〜1730年2万2千石 
4代小笠原信胤1730〜1745年2万2千石 
5代小笠原信房1745〜1780年2万2千石 
6代小笠原長教1780〜1799年2万2千石 
7代小笠原長貴1799〜1840年2万2千石 
8代小笠原長守1840〜1871年2万2千石 

勝山と平泉白山神社−勝山と平泉寺白山神社との関係は深く、創建から戦国時代末期まで、当地は平泉寺白山神社が支配していました。戦国時代には越前国守護の朝倉家(本拠:一乗谷)から庇護されていましたが、天正元年(1573)に織田信長の越前侵攻により没落、これにより加賀一向一揆衆が越前になだれ込み、対立関係にあった平泉寺白山神社は窮地に立たされました。一揆衆は平泉寺白山神社に攻撃するにあたり、当地に村岡山城を築き、ここを拠点に全山焼き討ちにして勝利を挙げました。この勝利を記念すべく地名を「村岡山」を「勝山」に改めたと伝えられています。勝山藩も平泉寺白山神社の保護に努め、寛永7年(1630)には松平直基が社領30石を寄進しています。

勝山藩の参勤交代−勝山藩の参勤交代の経路は、福井城下までは勝山街道で、福井城下から北陸道(北国街道)今庄宿や、板取宿を経て近江国(滋賀県)に入り、木之本宿(滋賀県長浜市)に至ります。木之本宿からは北国街道脇往還に入り、関ヶ原宿(岐阜県関ヶ原町)からは中山道で江戸に向かいました。美濃国までの宿泊地は概ね、福井宿(福井県福井市)、今庄宿(福井県南越前町)、小谷宿(滋賀県長浜市)、大垣宿(岐阜県大垣市)、鵜沼宿(岐阜県各務原市)で、垂井宿(岐阜県垂井町)から美濃路、宮宿(愛知県名古屋市)から東海道で江戸に向かった場合は起宿(愛知県一宮市)で宿泊していました。

越前勝山藩
越前勝山藩:町並み 越前勝山藩:町並み 越前勝山藩:町並み 越前勝山藩:町並み 越前勝山藩:町並み
越前勝山藩:町並み 越前勝山藩:町並み 越前勝山藩:町並み 越前勝山藩:町並み 越前勝山藩:町並み
越前勝山藩:町並み 越前勝山藩:町並み 越前勝山藩:町並み 越前勝山藩:町並み 越前勝山藩:町並み
越前勝山藩城下町:名所・旧跡
藩庁
勝山城
勝山城
藩主菩提寺
開善寺:勝山市
開善寺
藩主崇敬社
神明神社:勝山市
神明神社
 
白
 
 
白
 


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。写真や文章のコピーは行わないでください。