勝山街道(志比道)

    街道の空(ホーム)福井県の街道>勝山街道(志比道)
概要・歴史・観光・見所
勝山街道(志比道)概要: 勝山街道は北陸道の福井宿から分岐して勝山藩の藩庁が置かれた勝山城福井県勝山市)の城下町に至る街道で、江戸時代初期には松岡藩の藩都だった松岡宿を経由していました。勝山街道は信仰の道でもあり、街道筋から永平寺や、平泉寺白山神社の境内へと至る道筋が分岐していた事から多くの参拝者が利用しました。江戸時代初期に松岡藩は廃藩となり福井藩に吸収されましたが、勝山藩が立藩すると勝山街道は藩主の参勤交代の経路として利用されました。勝山街道は九頭竜川に平行する道筋で、小舟渡で対岸に渡り、勝山宿からは、大野宿(福井県大野市・大野藩の藩庁が置かれた大野城の城下町)、郡上八幡(岐阜県郡上市・郡上藩の藩庁が置かれた八幡城の城下町)に至る美濃街道に接続しました。

福井城・城下町−中世の越前国の中心地は守護職である朝倉氏が居城(一乗谷城)を構え守護所が置かれた一乗谷でしたが、天正元年(1573)に織田信長の越前攻めにより最後の当主となった朝倉義景は大野に逃れた上、家臣の裏切りによって自刃に追い込まれ、朝倉家は没落しました。一乗谷は織田勢によって焼き討ちとなり一城谷城や城下町は灰燼に帰し、その後、信長に越後守護職を認められた桂田長俊(前波吉継)は一乗谷の再興を図りましたが、結局領内をまとめきれず、天正3年(1575)に再び一乗谷が戦火により失われました。織田勢は再び越前国に侵攻すると不穏分子を一掃し、織田家の重臣である柴田勝家を北陸方面の軍司令官として越前に配しました。勝家は一乗谷を排して、新たに北ノ庄に福井城の前身となる巨大な城郭(北ノ庄城)を築城し、城下町も整備されました。信長の死後、羽柴秀吉(後の豊臣秀吉)の台頭により勝家は自刃に追い込まれましたが、当地の中心性は維持されました。江戸時代に入ると結城秀康により今までの北ノ庄城をさらに拡張され、後に福井城に改称、福井城は福井藩の中心施設として機能し、城下町は藩都、北陸街道、勝山街道の宿場町として繁栄しました。

松岡城・城下町−正保2年(1645)、松平昌勝が本藩である福井藩から5万石が分地され、居城を松岡の地に築いた事で松岡藩が立藩しています。松岡地は勝山街道の宿場町であると同時に松岡城の城下町、松岡藩の藩都として改めて町割りが行われています。昌勝と福井藩を相続した松平光通とは微妙な関係だった事から度々騒動が起き、福井藩が廃藩寸前まで追い込まれる事態が起きています。享保6年(1721)に2代藩主松平昌平が福井藩主に就任した事を受けて、松岡藩は廃藩となり、松岡城も廃城、街道筋は引き続き勝山街道の宿場町として維持されています。

東古市−東古市は勝山街道の宿場町で、永平寺に向かう街道と、加賀方面に抜ける街道が交差する交通の要衝でした。その為、物資の集積地して経済的にも発展しその後も永平寺町の中心地となっています。

勝山城・平泉寺白山神社−勝山の地は越前国の白山信仰の拠点となった平泉寺白山神社へと向かう入口に当たり、寺内町的な存在として発展しました。中世、平泉寺白山神社は大きく発展し参道は一大門前町が形成されていた事から勝山もそれに伴い繁栄していましたが、天正元年(1573)の織田信長による越中攻めにより平泉寺白山神社の庇護者だった朝倉氏が没落すると、勢力の均衡が崩れ、平泉寺白山神社と敵対していた一向一揆勢により境内が占拠され、全山焼き討ちとなりました。天正8年(1580)、北ノ庄城の城主柴田勝家の一族である柴田勝安が新たに勝山城を築くと、城下町として改めて町割りされましたが、元々、織田方と敵対した朝倉方だった平泉寺白山神社は再興されませんでした。平泉寺白山神社の再興が許されたのは豊臣秀吉の時代になってからで、秀吉は禁制を発布するなど保護にも努め、慶長6年(1601)に結城秀康が福井藩(当時は北ノ庄藩)を立藩すると平泉寺白山神社に対して社領の安堵を行い、歴代福井藩主も同様に庇護の姿勢をとっています。寛永元年(1624)、福井藩のごたごたから、領内が分割され、勝山城には松平直基が3万石で入封し勝山藩を立藩、勝山城には藩庁、藩主居館が設けられ、寛永7年(1630)には社領30石を寄進するなど平泉寺白山神社に対して庇護しています。勝山藩は一時廃藩になっていた時代もありましたが、元禄4年(1691)に小笠原貞信が2万2千石で勝山城に入り再び立藩し、元禄15年(1702)に前任同様、平泉寺白山神社に対して社領30石を安堵しています。明治時代に勝山藩が廃藩になると、それに伴い勝山城も廃城、平泉寺白山神社は神仏分離令と廃仏毀釈運動により大きく衰退し、幕府により定められた白山の山頂を守護する権利も、加賀の白山比盗_社(石川県白山市)に移されてしまいました。

スポンサーサイト

スポンサーサイト

北陸道
勝山街道
福井城・城下町
永平寺 左 勝山街道白
松岡宿
勝山街道
東古市
勝山街道
山王
白勝山街道 平泉寺白山神社平泉白山神社
勝山城・城下町
勝山街道
美濃街道


※ 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、文章や画像、写真のコピーは御遠慮ください。