丸岡有馬家

  大名菩提寺・霊廟建築(ホーム)福井県>丸岡藩有馬家:菩提寺(高岳寺)
【 菩提者 】 元禄8年(1695)、有馬清純が糸魚川藩(新潟県糸魚川市)から5万石で丸岡藩(福井県坂井市・藩庁:丸岡城)に入封し初代藩主に就任、元禄15年(1702)死去、享年59歳、戒名「華岳院殿清山宗純大居士」。2代有馬一準は幕府に忠勤し正徳元年(1711)に譜代大名に復帰、有馬家の祖とも言える有馬直純は徳川家康の側近で、曾孫である国姫を正室として迎えるなど信任されていましたが先代清純は悪政を行った事で一揆が頻発し無城大名に格下げになっていました。一準は良政を行ったものの天災が頻発したことで農村部が困窮し一揆が発生、藩政改革を行っています。宝暦7年(1575)死去、享年61歳「常泰院殿性山宗住大居士」。3代有馬孝純は先代に引き続き藩政改革を行い竹田山銅山を開発、宝暦7年(1757)に死去、享年41歳、戒名「豊雇院殿真巌宗修大居士」。4代有馬允純も藩政改革に尽力し明暦9年(1772)に死去、享年26歳。5代有馬誉純は名君とされ財政を安定させる為に「郷会所」の設置、文化元年(1804)には藩校平章館を開校、「国乗遺聞」や「藤原有馬世譜」などの編纂を行い、幕政では奏者番、寺社奉行、若年寄などを歴任しています。天保7年(1836)死去、享年68歳、戒名「無暦庵殿玄空誉純大居士」。6代有馬徳純は天保8年(1837)死去、享年34年、戒名「勇譲院殿咸説宗教大居士」。7代有馬温純は戸田純祐の長男として生まれ徳純の娘幸姫の婿養子として丸岡藩主に就任、江戸時代末期に幕命により海岸防衛の砲台を建設しています。安政2年(1855)死去、享年27歳、戒名「欽崇院殿建中宗祐大居士」。8代有馬道純は本多忠鄰の3男として生まれ温純の娘珠姫の婿養子として丸岡藩主に就任、幕政では寺社奉行、奏者番、若年寄、老中などの要職を歴任、戊辰戦争の際には新政府軍に恭順しています。高岳寺(坂井市)は有馬康純(延岡藩2代藩主)が金剛寿院晃海僧正(比叡山天海慈眼大師の高弟)を招いて創建した有馬家歴代の菩提寺で、有馬家が領地を移転する毎に随行しています。当初は領内菩提寺として延岡藩以前の当主と、丸岡の地で死去した当主などが葬られていました、近年東京などか改葬され歴代藩主の墓碑が高岳寺境内に移されています。

【 寺  号 】 高岳寺
【 所在地 】 福井県坂井市丸岡町篠岡
【 創建年 】 明暦元年(1655年)
【 開  山 】 金剛寿院晃海僧正(比叡山天海慈眼大師の高弟)
【 開  基 】 有馬康純(延岡藩2代藩主)
【 山  号 】 日曜山
【 宗  派 】 天台宗
【 本  尊 】 阿弥陀如来(伝:恵心僧都作)
【 備  考 】 有馬家歴代墓所−坂井市指定史跡−指定日:昭和49年
福井県大名菩提寺
丸岡藩本多家有馬直純・國姫丸岡藩有馬家新田義貞福井藩松平家松平吉品柴田勝家越前朝倉家朝倉孝景勝山藩小笠原家楠正成大野藩土井家朝倉義景・高徳院・祥順院・愛王丸の墓碑間部家大谷吉継酒井家お初武田信親多田満仲武田元光府中松平家沼田家
※ 文章や画像のコピーは御遠慮ください。御理解の程よろしくお願いします。