越前町: 織田神社

  福井県:歴史・観光・見所(ホーム)越前町:歴史・観光・見所>織田神社

概要・歴史・観光・見所
織田神社(越前町)概要: 織田神社は越前国二宮の劔神社織田神社の摂社で、劔神社の境内(福井県丹生郡越前町織田)に鎮座しています。案内板によると「 主神保食神を祀る産土社であったが誉田別尊が兄の忍熊王の徳を追慕して、剣大明神を崇敬された縁故の地であることから、父仲哀天皇と応神天皇を合祀し、気比大明神とも称された。また、応神天皇をお祭りすることから八幡宮とも言われ、厄除開運の守護神と仰がれている。」とあります。現在の織田神社の社殿は室町時代に建立されたもので一間社流造、檜皮葺、外壁は真壁造り横板張り、正面1間向拝付き、内部は神座と前室に分けられ御神体が祭られています。織田神社の社殿は室町時代後期に建てられた神社本殿建築の遺構として貴重な存在で昭和46年(1971)に福井県指定文化財に指定されています。御祭神:保食大神、仲哀天皇、応神天皇。

織田神社:写真

織田神社
[ 付近地図: 福井県越前町 ]・[ 越前町:歴史・観光・見所 ]


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「福井県:歴史・観光・見所」は「福井県の歴史」、「郷土資料辞典−福井県」、「日本の城下町−北陸」、「城郭と城下町−北陸」、「北陸道二」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。