美浜町: 弥美神社

  福井県:歴史・観光・見所(ホーム)美浜町:歴史・観光・見所>弥美神社

概要・歴史・観光・見所
弥美神社(美浜町)概要: 弥美神社は福井県三方郡美浜町宮代に鎮座している神社です。弥美神社の創建は大宝2年(702)、この地の開発神である室比古王を勧請したのが始まりと伝えられています。一方、弥美神社の境内に背後に聳える御嶽山(標高:549m)は古くから霊山として知られ自然崇拝の対象になっていたようです。延長5年(927)に編纂された延喜式神名帳に記載されている式内社で、若狭神階記には正五位耳明神と記されています。その後衰退し、地主権現と呼ばれる小社となっていましたが鎌倉時代の嘉禄2年(1226)にに二十六柱の神々を合祀再興され社号を二十八所大明神(二十八所宮)と改め現在地に遷座しました。

その後は歴代領主から崇敬され、江戸時代に入ると小浜藩(藩庁:小浜城)の藩主京極忠高が社領や山林の寄進が行われ、正保2年(1645)には新たに小浜藩主となった酒井忠勝が弥美神社の社殿を改修しています。古くから神仏習合していましたが、明治時代初頭に発令された神仏分離により仏式が廃され、明治2年(1869)に旧社号である弥美神社に改称し明治4年(1871)に郷社、大正14年(1925)には県社に列し、明治41年(1908)に神餞幣帛料供進神社に指定されています。

毎年5月1日の例祭で奉納される「王の舞」は古式を伝える神事として貴重な事から昭和31年(1956)に福井県指定無形民俗文化財に指定されています。弥美神社拝殿は木造平屋建て、入母屋、桟瓦葺き、平入、桁行3間、外壁は真壁造り板張り。本殿は一間社流造、銅板葺き、正面1軒唐破風向拝付き。祭神:室比古王(闇見神社の祭神である沙本之大闇見戸賣命の御子神)、建御雷神、天兒屋根命、布都主神、比淘蜷_、大山祇命。

弥美神社:写真

弥美神社参道正面に設けられた大鳥居
[ 付近地図: 福井県美浜町 ]・[ 美浜町:歴史・観光・見所 ]
弥美神社境内正面の鳥居(木製)と石垣 弥美神社境内から見上げた拝殿正面と石段と石燈篭 弥美神社本殿右斜め前方と石燈篭と玉垣 弥美神社本殿左斜め前方と玉垣


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「福井県:歴史・観光・見所」は「福井県の歴史」、「郷土資料辞典−福井県」、「日本の城下町−北陸」、「城郭と城下町−北陸」、「北陸道二」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。