南越前町: 白髭神社

  福井県:歴史・観光・見所(ホーム)南越前町:歴史・観光・見所>白髭神社

概要・歴史・観光・見所
白髭神社(南越前町)概要: 白髭神社の創建は不詳ですが、古くは白城神社と称し、白髭神社延長5年(927)に編纂された延喜式神名帳に記載されている式内社だったと伝えられています。上宮である新羅神社も式内社信露貴彦神社の論社であることから、古くは信露貴彦神社、白城神社、新羅神社は同一だったかも知れません。祭神である武内宿禰は朝鮮渡来人と関係が深い人物とされ、由緒で登場してくる神功皇后も朝鮮半島に出兵して新羅の国を攻めた人物なことから、白髭神社が朝鮮渡来人と関係が深いと考えられています。白髭神社は明治時代の神仏分離令を経て郷社に列しています。拝殿は入母屋、銅板葺き、平入、桁行4間、正面1間向拝付き。本殿は拝殿背後の高台に位置し長い渡り廊で接続、建物は三間社流造、銅板葺き。

白髭神社:写真

白髭神社
[ 付近地図: 福井県南越前町 ]・[ 南越前町:歴史・観光・見所 ]
白髭神社 白髭神社 白髭神社 白髭神社


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「福井県:歴史・観光・見所」は「福井県の歴史」、「郷土資料辞典−福井県」、「日本の城下町−北陸」、「城郭と城下町−北陸」、「北陸道二」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。