若狭町: 上ノ塚古墳

  福井県:歴史・観光・見所(ホーム)若狭町:歴史・観光・見所>上ノ塚古墳

概要・歴史・観光・見所
上ノ塚古墳(若狭町)概要: 上ノ塚古墳は福井県三方上中郡若狭町脇袋に位置しています。上ノ塚古墳は4世紀末期から5世紀前葉に築造された前方後円墳で全長90m、前方部は高さ約7m、幅約48m、後円部は高さ約9m、直径約51m、封土3段、葺石、埴輪(朝顔形円筒埴輪・家形埴輪)、周囲は盾形の環濠が囲っていました(現在は水田)。若狭国最大級の前方後円墳で若狭国造である膳臣と関係が深い古墳と推定されてます。上ノ塚古墳は大変貴重な事から昭和10年(1935)に国指定史跡に指定されています。

上ノ塚古墳:写真

上ノ塚古墳
[ 付近地図: 福井県若狭町 ]・[ 若狭町:歴史・観光・見所 ]
上ノ塚古墳 上ノ塚古墳 上ノ塚古墳 上ノ塚古墳


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「福井県:歴史・観光・見所」は「福井県の歴史」、「郷土資料辞典−福井県」、「日本の城下町−北陸」、「城郭と城下町−北陸」、「北陸道二」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。