大野市: 旧橋本家住宅

  福井県:歴史・観光・見所(ホーム)大野市:歴史・観光・見所>旧橋本家住宅

概要・歴史・観光・見所
旧橋本家住宅(大野市)概要: 橋本家は宝慶寺の門前町で当時は100戸以上あったという宝慶寺集落の庄屋や戸長を務めた上層農家でした。現在の建物は江戸時代中期の18世紀前半に建てられたと推定されるもので、木造平屋建て、入母屋、茅葺、平入、直屋造、桁行6間(11.1m)、梁間4間(8.2m)、外壁は真壁造り、土壁鏝押えと板張り、増築部の「ウマヤ」外壁は杉板張り、間取りは「越前U型」と呼ばれる当地方独特なものです。向って右側2/3、4間4方にニワと呼ばれる土間空間があり、正面右端に「ウマヤ」と「ハクモンバ」が配され、奥に水屋(流し、水槽)、向って左側1/3が上げ床で正面に「下ザシキ(8帖)」、背後に「上ザシキ(8帖)」、板間(1帖)が配されています。柱や梁など部材はケヤキやクリなど強度の強い樹種が選ばれ寸法も太いものが採用され手斧削りによって仕上げられています。旧橋本家住宅は昭和44年(1969)に国指定重要文化財に指定され、昭和48年(1973)に現在地である宝慶寺境内に移築されています。

旧橋本家住宅:写真

旧橋本家住宅
[ 付近地図: 福井県大野市 ]・[ 大野市:歴史・観光・見所 ]
旧橋本家住宅 旧橋本家住宅 旧橋本家住宅 旧橋本家住宅


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「福井県:歴史・観光・見所」は「福井県の歴史」、「郷土資料辞典−福井県」、「日本の城下町−北陸」、「城郭と城下町−北陸」、「北陸道二」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。