大野市: 旧内山家住宅(武家屋敷)

  福井県:歴史・観光・見所(ホーム)大野市:歴史・観光・見所>旧内山家住宅(武家屋敷)

概要・歴史・観光・見所
旧内山家住宅(大野市)概要: 内山家は江戸時代末期、大野藩(藩主:大野城)の家老を勤めた家柄で、特に七郎右衛門は、藩直営の「大野屋」を開設、隆佐は蝦夷地開拓や洋式帆船の建造、軍備の革新、教育の推進などを行いました。母屋は明治15年(1882)に建てられたもので、大正時代に建てられた数寄屋造りの書院と渡り廊下で繋がれています。建物は木造2階建、切妻、桟瓦葺(元板葺)、桁行7間、梁間4間、外壁は真壁造、白漆喰仕上げ、内部の1階は式台付の玄関や床の間、戸袋付の座敷、仏間など2階は10畳間の和室が2部屋などが配されています。廃藩置県後に建てられたものなので正式には武家屋敷というより士族屋敷と呼んだ方が正解のようですが、玄関や座敷の意匠など所謂武家屋敷の造りを踏襲した建物です。庭園も奇を狙ったものではありませんが座敷から眺めると落ち着いた雰囲気があります。敷地内には母屋、離れ、表門、味噌蔵、米蔵、衣装蔵、新蔵などがあり随所に地方色が見られます。現在は一般公開され内部には越前大野藩に関する資料などが展示されています。

善導寺:写真

旧内山家住宅
[ 付近地図: 福井県大野市 ]・[ 大野市:歴史・観光・見所 ]
旧内山家住宅 旧内山家住宅 旧内山家住宅 旧内山家住宅


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「福井県:歴史・観光・見所」は「福井県の歴史」、「郷土資料辞典−福井県」、「日本の城下町−北陸」、「城郭と城下町−北陸」、「北陸道二」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。