平成大野屋(旧大野織物工業協同組合事務所)

  福井県:歴史・観光・見所(ホーム)大野市:歴史・観光・見所>平成大野屋(旧大野織物工業協同組合事務所)

概要・歴史・観光・見所
平成大野屋(旧大野織物工業協同組合事務所)概要: 大野織物工業協同組合の織物検査場として利用されていた施設で、昭和12年(1937)に建てられました。建物は木造2階建、切妻、平入、桟瓦葺、建築面積426u、外壁は下見板張、ペンキ塗り、軒下周りは土壁左官仕上げ、設計は福井市出身の今藤仁三郎、施工は大野出身の山形甚吉が手懸けています。正面の大きな縦長の上げ下げ窓が印象的で下屋庇を下げ水平線を強調し正面性を演出しています。背後にある土蔵(平成大野屋本店二階蔵)は明治20年(1887)頃大七銀行の担保蔵として建てられたもので土蔵2階建て、切妻、桟瓦葺き、外壁は土壁に簓子下見貼、軒下部は白漆喰仕上げ。両建物は当時の織物検査場の遺構として歴史的にも価値があり「国土の歴史的景観に寄与しているもの」との登録基準を満たしている事から平成10年(1998)に国登録有形文化財に登録されています。現在は平成大野屋として観光情報の発信の拠点の1つになっています。

平成大野屋:写真

平成大野屋
[ 付近地図: 福井県大野市 ]・[ 大野市:歴史・観光・見所 ]
平成大野屋 平成大野屋 平成大野屋 平成大野屋


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「福井県:歴史・観光・見所」は「福井県の歴史」、「郷土資料辞典−福井県」、「日本の城下町−北陸」、「城郭と城下町−北陸」、「北陸道二」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。