鯖江市: 八幡神社

  福井県:歴史・観光・見所(ホーム)鯖江市:歴史・観光・見所>八幡神社

概要・歴史・観光・見所
八幡神社(鯖江市)概要: 八幡神社は兜山古墳(国指定史跡:福井県鯖江市神明町2丁目)の頂部に鎮座する神社です。八幡神社が所有する狛犬は室町時代の天文19年(1550)に寺尾次郎、小河弥六によって寄進されたもので背丈52.0cm、体長46.0cm、尾部丈26.5cm、凝灰岩製で、奉納年が刻まれている狛犬が福井県には類例が少ない貴重なところから昭和55年(1980)に鯖江市指定文化財に指定されています。八幡神社の境内に建立されている3躯の石仏は室町時代後期の16世紀に彫刻されたもので、板状の笏谷石、観音菩薩2躯、不動明王三尊1躯、意匠的、保存状態も大変良く八幡神社の神仏習合時代の遺構として貴重な事から平成22年(2010)に鯖江市指定文化財に指定されています。拝殿は入母屋、桟瓦葺き、平入、桁行4間、正面1間軒唐破風向拝付き、本殿は一間社流造、桟瓦葺き。祭神:品陀和気命(応神天皇)。

八幡神社:写真

八幡神社
[ 付近地図: 福井県鯖江市 ]・[ 鯖江市:歴史・観光・見所 ]
八幡神社 八幡神社 八幡神社 八幡神社


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「福井県:歴史・観光・見所」は「福井県の歴史」、「郷土資料辞典−福井県」、「日本の城下町−北陸」、「城郭と城下町−北陸」、「北陸道二」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。