鯖江市: 兜山古墳

  福井県:歴史・観光・見所(ホーム)鯖江市:歴史・観光・見所>兜山古墳

概要・歴史・観光・見所
兜山古墳(鯖江市)概要: 兜山古墳は5世紀に築造されたと推定される直径約70m、高さ約7m、幅約17mの周溝、墓域直径約90m、二段築成の大型円墳で、円墳としては福井県最大規模を誇ります。元々は左右に小規模な古墳があり平面的に見て兜のような形をしていた事から兜山古墳と名付けられたようです。周囲には大小数10基からなる古墳群が形成されていて、当時、政治的な力のある集団が存在していたと思われます。兜山古墳の頂部には八幡神社が鎮座し、境内が神域となった為、古墳自体の形状が比較的保たれています。兜山古墳は大変貴重な事から昭和52年(1977)に国指定史跡に指定されています。

兜山古墳:写真

兜山古墳
[ 付近地図: 福井県鯖江市 ]・[ 鯖江市:歴史・観光・見所 ]
兜山古墳 兜山古墳 兜山古墳 兜山古墳


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「福井県:歴史・観光・見所」は「福井県の歴史」、「郷土資料辞典−福井県」、「日本の城下町−北陸」、「城郭と城下町−北陸」、「北陸道二」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。