福井市: 足羽神社

  福井県:歴史・観光・見所(ホーム)福井市:歴史・観光・見所>足羽神社

概要・歴史・観光・見所
足羽神社(福井市)概要: 足羽神社は福井県福井市足羽1丁目に鎮座している神社です。足羽神社の境内にある「綱長井」足羽神社の創建は5世紀後半、男大迹王が足羽山に大宮地之霊(坐摩神)を勧請したのが始まりと伝えられています。男大迹王が継体天皇に即位しこの地を離れる時、自らの分霊を主祭神として産土神となりました。延長5年(927)に編纂された延喜式神名帳に式内小社に記載されるなど中央にも知られた存在で朝廷からも庇護されました。足羽神社は戦国時代の天正年間(1573〜1593年)の兵火により一時衰退しましたが、新たに北の庄城の城主となった柴田勝家(織田家家臣)が崇敬し、社殿の改修が行われ、江戸時代に入ると歴代福井藩(藩庁:福井城)の藩主松平家が庇護し社領の安堵や神供物の奉納などを行っています。又、足羽神社の社家・馬来田家は、継体天皇の皇女馬来田皇女の後裔と伝えられる家系で、境内のしだれ桜(樹高6m、幹周2.5m、根回り2.63m)、もみじ(樹高12m、幹周3.22m、根回り2.13m)は福井市指定天然記念物に指定されています。祭神:継体天皇、生井神、福井神、綱長井神、阿須波神、波比岐神。

足羽神社:写真

足羽神社境内正面に設けられた石鳥居と石造玉垣
[ 付近地図: 福井県福井市 ]・[ 福井市:歴史・観光・見所 ]
足羽神社境内から見た拝殿と石造狛犬 足羽神社拝殿正面アップと絵馬 足羽神社境内に建立されている「継体天皇御世系碑」 足羽神社境内に生える「しだれ桜」


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「福井県:歴史・観光・見所」は「福井県の歴史」、「郷土資料辞典−福井県」、「日本の城下町−北陸」、「城郭と城下町−北陸」、「北陸道二」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。