福井市: 本向寺

  福井県:歴史・観光・見所(ホーム)福井市:歴史・観光・見所>本向寺

概要・歴史・観光・見所
本向寺(福井市)概要: 本向寺の創建は建暦2年(1212)本光坊明空が開基したのが始まりと伝えられています。蓮如上人に伴って吉崎に移転した際、当時の住職了顕は、吉崎御坊大火で蓮如上人が忘れた「教行信証(親鸞聖人の顕著)国指定重要文化財」を取りに行き、焼死する前に腹を切って腹の中に収め「教行信証」を守ったと云われています。天正10年(1582)に現在地に移り、江戸時代に入ると福井藩(藩庁:福井城)松平家の庇護となり、藩主の領内視察の際の御休所にもなり、宝永5年(1708)には7代藩主松平吉品の尽力により院家の寺格を得ています。現在の本向寺本堂は江戸時代中期の宝暦6年(1756)に再建されたもので木造平屋建て、入母屋、銅板葺き、平入、桁行9間、梁間8.5間、正面1間向拝付きの大規模な真宗本堂建築とされ貴重な存在です。宗派:浄土真宗本願寺派。本尊:阿弥陀如来。

本向寺:写真

本向寺
[ 付近地図: 福井県福井市 ]・[ 福井市:歴史・観光・見所 ]
本向寺 本向寺 本向寺 本向寺


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「福井県:歴史・観光・見所」は「福井県の歴史」、「郷土資料辞典−福井県」、「日本の城下町−北陸」、「城郭と城下町−北陸」、「北陸道二」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。