福井市: 養浩館庭園(旧御泉水屋敷)

  福井県:歴史・観光・見所(ホーム)福井市:歴史・観光・見所>養浩館庭園(旧御泉水屋敷)

概要・歴史・観光・見所
養浩館庭園(旧御泉水屋敷)概要: 養浩館庭園は御泉水屋敷と呼ばれた福井藩(藩庁:福井城)の藩主松平家の別邸の庭園として作庭されたもので、元々は家臣の屋敷でしたが2代藩主忠直の代に松平家の別邸になったと云われています。元禄年間(1688〜1703年)、7代藩主昌明(吉品)の代に大改修され現在の祖形が出来上がったとされ、自らの隠居所も増築しています。昌明(吉品)が亡くなった後も引き続き藩主が利用し、明治維新後の廃藩置県が行われても松平家が所有、明治17年(1884)、最後の福井藩主だった松平春嶽によって「養浩館」と名づけられています。昭和20年(1945)の福井市空襲の戦災により建物などが焼失、昭和57年(1982)に国指定名勝が指定されたことで復元工事が行われ、現在は一般公開されています。

養浩館庭園(旧御泉水屋敷):写真

養浩館庭園(旧御泉水屋敷)
[ 付近地図: 福井県福井市 ]・[ 福井市:歴史・観光・見所 ]
養浩館庭園(旧御泉水屋敷) 養浩館庭園(旧御泉水屋敷) 養浩館庭園(旧御泉水屋敷) 養浩館庭園(旧御泉水屋敷)


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「福井県:歴史・観光・見所」は「福井県の歴史」、「郷土資料辞典−福井県」、「日本の城下町−北陸」、「城郭と城下町−北陸」、「北陸道二」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。