熊川宿: 旧逸見家住宅

  福井県:歴史・観光・見所(ホーム)熊川宿:歴史・観光・見所>旧逸見家住宅

概要・歴史・観光・見所
旧逸見家住宅(熊川宿)概要: 逸見勘兵衛家は古くから「高嶋屋」の屋号を持つ熊川宿の旧家で造り酒屋などを営んでした。伊藤竹之助翁(伊藤忠商事ニ代目社長)の生家でもあり河内川に面して建てられ町並み景観に大きく寄与しています。現在の建物は江戸時代末期に建てられたもので、木造2階建(厨子二階)、切妻、平入り、桟瓦葺、1階正面に下屋庇があり、2階正面と軒下周りが白漆喰で仕上げられ両端には防火、延焼の為に袖ウダツが設えられ屋根には煙り出しや立浪形鳥衾(面戸瓦の一種)が取り付けられています。江戸時代は町屋の高さを制限されていた為、明治時代以降に建てられた町屋に比べると軒も低く、逸見勘兵衛家でも2階の天井が低く押えられ厨子2階建の建物といえます。旧逸見勘兵衛家住宅(主屋・文庫蔵)は江戸時代末期に建てられた熊川宿を代表する町屋の1つとして貴重なことから平成7年(1995)に若狭町指定文化財に指定されています。平成5年(1993)に町(旧上中町)に寄贈を受け現在は外観と内部の構造を生かし現代風に改修され内部が一般公開されています。

旧逸見家住宅:写真

旧逸見家住宅
[ 付近地図: 福井県若狭町 ]・[ 若狭町:歴史・観光・見所 ]
旧逸見家住宅 旧逸見家住宅 旧逸見家住宅 旧逸見家住宅


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「福井県:歴史・観光・見所」は「福井県の歴史」、「郷土資料辞典−福井県」、「日本の城下町−北陸」、「城郭と城下町−北陸」、「北陸道二」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。