熊川宿: 旧問屋倉見屋(荻野家住宅)

  福井県:歴史・観光・見所(ホーム)熊川宿:歴史・観光・見所>旧問屋倉見屋(荻野家住宅)

概要・歴史・観光・見所
旧問屋倉見屋(熊川宿)概要: 荻野家(八左衛門家)は古くから熊川宿の問屋(人馬継ぎ立てを行う運送業)を営んでいた旧家で「くらみや」の屋号を掲げていました。現在の建物は文化6年(1809)に建てられたもので火災の多かった熊川宿の中では最も古い町屋建築の1つで敷地内には主屋の他、表荷蔵、後荷蔵、文庫蔵が建てられています。主屋は木造2階建、切妻、平入、桟瓦葺、2階正面と軒周りを塗屋で仕上げ、両脇には袖ウダツを設える熊川宿の典型的な町屋で、主屋に隣接し袖蔵(表荷蔵)があることからかなりの財力があったと思われます。内部の間取りは2例5室で構成され店の土間から通り庭、井戸屋を経て、中庭や文庫蔵に達する事が出来ます。文庫蔵は明治6年(1873)に建てられたもので、土蔵2階建、切妻、桟瓦葺、桁行10.1m、梁間4.8m、外壁は白漆喰仕上げ、2階は下見板張、1階は海鼠壁で外壁を保護しています。表荷蔵は江戸時代後期に建てられたもので、土蔵2階建、切妻、桟瓦葺、桁行4.1m、梁間5.8m、外壁は鏝押え、外壁表面には下見板張りの保護壁が設けられ街道側の正面には丸窓が設けられ異彩を放っています。裏荷蔵は江戸時代後期に建てられたもので、切妻、桟瓦葺、桁行6.9m、梁間4.5m、外壁は鏝押え、外壁表面には下見板張りの保護壁が設けられています。旧問屋倉見屋(荻野家住宅:主屋・表荷蔵・後荷蔵・文庫蔵・敷地・普請関係書類3点)は建築年代が明確で江戸時代後期の町屋建築として貴重な事から平成23年(2011)に福井県指定文化財に平成26年(2014)に国指定重要文化財に指定されています。旧問屋倉見屋が屋敷を構える熊川宿が国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されると、その構成要素の一つに選定されています。

旧問屋倉見屋(荻野家住宅):写真

旧問屋倉見屋
[ 付近地図: 福井県若狭町 ]・[ 若狭町:歴史・観光・見所 ]
旧問屋倉見屋 旧問屋倉見屋 旧問屋倉見屋 旧問屋倉見屋


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「福井県:歴史・観光・見所」は「福井県の歴史」、「郷土資料辞典−福井県」、「日本の城下町−北陸」、「城郭と城下町−北陸」、「北陸道二」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。