敦賀市: 旧農商務省獣類検疫所

  福井県:歴史・観光・見所(ホーム)敦賀市:歴史・観光・見所>旧農商務省獣類検疫所神戸支所敦賀出張所

概要・歴史・観光・見所
旧農商務省獣類検疫所神戸支所敦賀出張所(敦賀市)概要: 旧農商務省獣類検疫所旧農商務省獣類検疫所神戸支所敦賀出張所は福井県敦賀市縄間に位置しています。この建物は大正5年(1916)に敦賀の実業家として知られる大和田荘七が朝鮮牛を輸入する為の施設として建てたもので、木造2階建て、寄棟、桟瓦葺き、外壁は下見板張り、縦長の上げ下げ窓を採用しています。正面玄関のポーチ入り口にはアーチ状の開口にし、正面の屋根には切妻面を見せ上部がアーチ状の開口も施す事で正面性を強調させています。農商務省獣類検疫所神戸支所敦賀出張所は大正5年(1916)から昭和30年代まで利用され最盛期の昭和初期には1万5千頭の朝鮮牛の輸入検疫をしましたが、その後はオートキャンプ場の管理事務所や倉庫として利用されています。旧農商務省獣類検疫所は大正時代に建てられた敦賀市内に残る数少ない木造洋風建築として貴重な存在で、歴史的にも意味のある建物と言えます。

旧農商務省獣類検疫所:写真

旧農商務省獣類検疫所
[ 付近地図: 福井県敦賀市 ]・[ 敦賀市:歴史・観光・見所 ]


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「福井県:歴史・観光・見所」は「福井県の歴史」、「郷土資料辞典−福井県」、「日本の城下町−北陸」、「城郭と城下町−北陸」、「北陸道二」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。