敦賀市: 天満神社

  福井県:歴史・観光・見所(ホーム)敦賀市:歴史・観光・見所>天満神社

概要・歴史・観光・見所
天満神社(敦賀市)概要: 天満神社は福井県敦賀市栄新町に鎮座している神社です。天満神社の創建は不詳ですが昭和20年(1945)の戦災により社殿や多くの社宝、記録などを焼失し、昭和35年(1955)に佐和山神社(滋賀県彦根市)の社殿を譲り受け移築しています。佐和山神社は清涼寺の鎮守社で彦根藩の藩主である井伊直政・直孝を祀っていましたが昭和13年(1938)に井伊神社に合祀しています。

天満神社の社殿は文化18年(1811)に建てられたもので日光東照宮(栃木県日光市)を模した本殿・相の間・拝殿が一体となった権現造で、破風や蟇股、虹梁、像鼻などに繊細な彫刻が施され、拝殿の天井には並河元章、山縣岐鳳が描いたと伝わっています。天満神社本殿は三間社入母屋造、銅板葺、平入、桁行3間、張間2間、外壁は真壁造り板張り。拝殿は木造平屋建て、入母屋、銅板葺、正面千鳥破風、桁行3間、張間2間、正面1間唐破風向拝付、外壁は真壁造り板張り。天満神社の本殿・相の間・拝殿は江戸時代後期の社殿建築の遺構として貴重な事から昭和61年(1986)敦賀市指定文化財に指定されています(※平成28年に福井県指定文化財に指定されています)。旧郷社。祭神:菅原道。

天満神社:写真

天満神社
[ 付近地図: 福井県敦賀市 ]・[ 敦賀市:歴史・観光・見所 ]
天満神社 天満神社 天満神社 天満神社


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「福井県:歴史・観光・見所」は「福井県の歴史」、「郷土資料辞典−福井県」、「日本の城下町−北陸」、「城郭と城下町−北陸」、「北陸道二」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。