敦賀市: 旧敦賀港駅ランプ小屋

  福井県:歴史・観光・見所(ホーム)敦賀市:歴史・観光・見所>旧敦賀港駅ランプ小屋

概要・歴史・観光・見所
旧敦賀港駅ランプ小屋概要: この建物は、明治15年(1882)に敦賀港駅ランプ小屋として建てられたものです。煉瓦造平屋建、切妻、平入、桁行7.1m、梁間4.1m、約27u、煉瓦には煉瓦を作った職人の名前の一部が刻印されています。当時の駅舎には多くの灯油や油などの引火物が使用されていた為、耐火素材である煉瓦造の保管倉が必要となり建てられたされます。敦賀港駅が廃止になると多く建物が破却され、このランプ小屋が数少ない遺構となっています。平成26年(2014)に日本貨物鉄道株式会社から敦賀市に寄贈、修復工事が行われ、平成29年(2017)に敦賀市指定有形文化財に指定されています(現在は内部見学可能。写真は修復工事以前の敦賀港駅ランプ小屋の姿です。屋根は瓦葺きに葺き替えられています)。

旧敦賀港駅ランプ小屋:写真

旧敦賀港駅ランプ小屋
[ 付近地図: 福井県敦賀市 ]・[ 敦賀市:歴史・観光・見所 ]
旧敦賀港駅ランプ小屋 旧敦賀港駅ランプ小屋 旧敦賀港駅ランプ小屋 旧敦賀港駅ランプ小屋


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「福井県:歴史・観光・見所」は「福井県の歴史」、「郷土資料辞典−福井県」、「日本の城下町−北陸」、「城郭と城下町−北陸」、「北陸道二」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。