越前市: 成願寺

  福井県:歴史・観光・見所(ホーム)越前市:歴史・観光・見所>成願寺

概要・歴史・観光・見所

成願寺(越前市)概要: 成願寺は福井県越前市岩本町に境内を構えている時宗の寺院です。成願寺の大事な経典が納められている経堂成願寺の創建は延暦年間(782〜806年)に開山したのが始まりと伝えられています。当初は粟田部にあった天台宗の寺院で浦佐山神社の別当でしたが、正応3年(1290)連阿澄心によって時宗に改宗し、永仁2年(1294)に現在地に移りました。天正2年(1574)の一向一揆の兵火により多くの堂宇が焼失し一時衰退しましたが、新たに小丸城主となった佐々成政(織田信長家臣、柴田勝家与力)が再興し、成政の菩提寺にしたとされ天正7年(1579)には禁制が発布されています。江戸時代に入った宝永6年(1709)には東山天皇から寺号勅願を賜り、藤原北家公卿山井家の帰依もあり寺運も隆盛します。

成願寺本堂は天明7年(1787)に造営されたもので、入母屋、桟瓦葺、平入、桁行7間、正面1間軒唐破風向拝付、外壁は真壁造、白漆喰仕上げ。山門は正徳2年(1712)に造営されたもので切妻、桟瓦葺、三間一戸、八脚一部楼門。経蔵は江戸時代後期に造営されたもので土蔵平屋建て、宝形造、桟瓦葺、桁行2間、梁間2間、正面1間向拝付。

成願寺観音堂は貞享2年(1685)に造営されたもので一間社、入母屋造、正面1間唐破風向拝付。鐘楼は江戸時代中期に造営されたもので入母屋、桟瓦葺、4本柱吹き放し。庫裏は天明7年(1787)に造営されたもので、木造2階建、切妻、平入、外壁は真壁造り、白漆喰仕上げ、ウダツ付。成願寺の本堂、山門、経蔵、内観音堂、鐘楼、庫裏は貴重な事から越前市指定文化財に指定されています。宗派:時宗。本尊:阿弥陀如来。

【 参考:文献等 】
・ 現地由来碑-成願寺

成願寺:写真

成願寺境内正面に設けられた瀟洒な山門と石燈籠
[ 付近地図: 福井県越前市 ]・[ 越前市:歴史・観光・見所 ]
成願寺山門から見た本堂に伸びる石畳 成願寺本堂正面を撮影した画像 成願寺の僧侶達が生活を営む庫裏 成願寺の長い歴史に時を刻んできた鐘楼と梵鐘と鎮守社


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「福井県:歴史・観光・見所」は「福井県の歴史」、「郷土資料辞典−福井県」、「日本の城下町−北陸」、「城郭と城下町−北陸」、「北陸道二」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。※プライバシーポリシーはこちらです。