越前市: 味真野神社

  福井県:歴史・観光・見所(ホーム)越前市:歴史・観光・見所>味真野神社

概要・歴史・観光・見所
味真野神社(越前市)概要: 味真野神社は福井県越前市池泉町に鎮座する神社です。味真野神社味真野神社の創建は不詳ですが、古くは延長5年(927)に編纂された延喜式神名帳に式内社として記載された須波阿須疑神社として信仰されていましたが、その後須波阿須疑神社に祭られていた三座が分離し、一座が池泉字諏訪上割に遷座して諏訪神社(上の宮)、一座が五分市南西村に遷座して諏訪神社(下の宮)、そして当社は本宮として総社、又は伊弉諾神社と称したと伝えられています。明治時代の神仏分離令を経て村社に列し、明治12年(1879)に総社神社に改称、その後多くの神社を合祀して明治41年(1908)に現在地に遷座し社号を味真野神社に改称しています。

味真野神社の拝殿は木造平屋建て、入母屋、桟瓦葺き、平入、桁行4間、張間3間、正面1間向拝付き、外壁は真壁造板張り。本殿は一間社流造、桟瓦葺き。味真野神社の社宝である木造聖観音菩薩坐像は余川町の神社から移されたもので平安時代末期に製作したものと推定される古仏として貴重な事から昭和46年(1971)に越前市指定文化財に指定されています。又、境内は古代の男大迹王(継体天皇)の宮居の跡といわれ、中世は鞍谷氏又は斯波氏の居館として利用、歴史的に貴重な事から越前市指定史跡に指定されています。祭神:繼體天皇、佐々宣王、伊弉册尊、大國主神、大己貴命、天照大神、建御名方命、事代主命。

味真野神社:写真

味真野神社
[ 付近地図: 福井県越前市 ]・[ 越前市:歴史・観光・見所 ]
味真野神社 味真野神社 味真野神社 味真野神社


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「福井県:歴史・観光・見所」は「福井県の歴史」、「郷土資料辞典−福井県」、「日本の城下町−北陸」、「城郭と城下町−北陸」、「北陸道二」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。