坂井市: 三国湊城

  福井県:歴史・観光・見所(ホーム)坂井市:歴史・観光・見所>三国湊城

概要・歴史・観光・見所
三国湊城(坂井市)概要: 三国湊城案内板によると「 中世に勢力を誇った三国湊白山千手寺は、南北朝の動乱の際に城郭として利用され、湊しろあるいは千手寺城と呼ばれた。「太平記」には「中にも湊城とて、北陸道7箇国の勢共が終に攻落せざりし城は、義助の若党畑六郎左衛門時能が、僅二十三人にて篭った平城成」とある。江戸期には商人たちの港会所が、明治期は郡役所が置かれた。古来より三国湊の中心地であった。現在は妙海寺西墓地。」とあります。畑時能とは南朝方の武将である新田義貞の弟脇屋義助の家臣で、結果的には北朝方である足利軍によって攻められ落城し、その後廃城になったと思われます。

三国湊城:写真

三国湊城
[ 付近地図: 福井県坂井市 ]・[ 坂井市:歴史・観光・見所 ]


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「福井県:歴史・観光・見所」は「福井県の歴史」、「郷土資料辞典−福井県」、「日本の城下町−北陸」、「城郭と城下町−北陸」、「北陸道二」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。